アセンションへの道・人生を楽しく生きるために!!

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

地球は宇宙の大劇場

2012年05月25日

地球は宇宙の大劇場

舞台裏があの世

舞台監督が神様

昨年世界中の多くの人に愛され、尊敬されたインドのサイババ様がなくなられました。予言していたよりも早くなくなられたとのことですが、ここに深遠な神様のシナリオが感じられるように思います。

サイババさんの「この世の出来事はみなリーラ(神の戯れ、神の庭の遊戯)である」という言葉は忘れられないものです。

この、世の中はみな神の大劇場であるという話は最近はいろんな本で語られることが多くなりましたが、辛いことがあるとき、また何とも憎憎しい思いをする時などにこのことが頭に浮かび、つらい出来事もスーと楽になるとともに、本当にこの世に生まれたことの喜びを感じることが出来ます。


人間は地球に生まれてくる前に、地球上で不自由な肉体をまといながらも、肉体でしか体験できない、または肉体をまとってこそ大きく魂を飛躍させる様々な経験を積むための「ものがたり」を用意します。

そしてその「ものがたり」を最も効果的にするために、善人役、悪人役、親の役、恋人役など様々な配役を決めます。
時には悪人役、憎まれ役などは、いやでも泣く泣く引き受けることもあるようです。そうまでしてみんなの魂の成長を願って、深い愛情に包まれてこの世に生まれてくるのですね。また、本当にこれは監督でもある神様の愛以外の何ものでもないと思います。

しかし、生まれた途端にみんなそのようなあの世での取り決めは忘れて、すべての人がその役になりきってしまい、現実の苦しさや憎しみにはまり込み現実であると思ってしまうのですね。

殺してやりたい程憎い人間でも、本当は気づきのために泣く泣く憎まれ役を演じてくれている魂であり、自分の至らぬところや意識の間違いを教えてくれる先生だということです。

病気や別れ、絶望や挫折なども一見不幸せな出来事に見えますが、これも神の愛の表れであると思うと自然に感謝の言葉が口をついて出てきます。まさに神様のリーラ(神の庭の遊戯)です。
関連記事

このページのトップに戻る

空の理論

2012年05月24日

空の理論

以前から書き溜めていたメモを読み返し、再度潜在意識にたたきこんでおきたい言葉です。

ホ・オポノポノの真髄ですね。

あなたという意識が、源(中心)としての自覚認識を取り戻す。

喜びの観察意識 → 肉体そのものが自分であると勘違いするようになった。


「これから私はどうなりますか?」「私の人生はうまくいきますか?」という質問が多い。
→自分以外の誰か、あるいは、エタイの知れないなにかが自分の人生を作っている」と信じてしまっているから

あなたの内側にもっていないことを外側に体験することはないのだ。

喜びとともに行う好きなことは楽々と結果が得られる。

その結果を得るためにお金などの手段はいっさい考える必要はない。
どんな手段で現実の結果がやってくるかはあなたの頭には想像不可能な宇宙の領域なのでお任せすればよい
ただひたすら「喜びと祝福」という生命力のバイブレーションを感じるべき。


祝福と喜びのエネルギーでいいっぱいになった「あなた」が行うことは、すべて繁栄の結果しか生まない。

不安もあなたの肉体パイプを通過していく情報のひとつに過ぎない。あなたが採用しなければあなたを中心とした時空間に被害はおよばないのである。
関連記事

このページのトップに戻る

Windows Guard Solutions に感染してしまいました。

2012年04月20日

昨日、古いコンピュータが壊れたために、涙を呑んで新しいコンピュータにしたのですが、新調したコンピュータが、いわゆるマルウェアといわれるスパイウェアに感染してしまいました。

ワードプレスのプラグインを探していて、そのページにインターネットアクセスしたところ、突然たくさんの感染したファイルが表示され、危険ですというメッセージとともに、その感染リストが並んでいます(実はこれはウソの情報(Fake)だそうです)。

始めはインストールしてあるアンチウィルスソフトが働いたのだと思っていたので、思わずそれを除去しようと、あるタグを押してしまいました。
そうすると偽解決ソフトのインストールが始まり、今度はこれらのソフトを除去するには有料の除去ソフトが必要で、それを購入してくださいというメッセージが何度も出続け、なんとも鬱陶しいことになってしまいました。

このマルウェアは一旦起動したら、SpybotやAd-awareなどの除去ソフトが使えず、またタスクマネージャーも乗っ取られてしまうのでたいへん厄介です。(しかし、他のアカウントでログインしたときには問題がないようです。)

このままほっておくわけにもいかず、コンピュータの復元もしてみたのですが復元もできません。
このマルウェアはWindows Guard Solutions というもので、英語のサイトではいろんな解決法が載っているのですが、日本語のサイトにはほとんどその情報がなく、まだ日本では感染する人がいないのでしょうかね。

そこで英語サイトの役立ちそうなものを色々探し回り、やっと見つけた有用なサイトを参考に、無料で除去することが出来ました。
英語サイトではありますが、インターネットの情報にたいへん助けられましたので、私の解決方法の備忘録と同時に、今後こういった経験をされる方の少しでも助けになるかと思いますので、その解決方法を記したいと思います。

【Windows Guard Solutions の除去方法】
1.このWindows Guard Solutions に感染してしまうとインターネットからマルウェア除去ソフトをダウンロードできないといわれていますので、他のクリーンンなコンピュータで、無料のインストールソフトをダウンロードしUSBなどに入れておき、それを感染したコンピュータに移すことにします。

感染を調べるソフトはたくさんありますが無料で除去できるソフトは意外に少なく、英語サイトで紹介されているのは有料の除去ソフトがほとんどのようです。私も英語サイトを調べていて、除去ソフトの紹介がされているのですが、たいていは感染したファイルやレジストリは調べられるのですが、それを除去しようとするとシリアルやレジスタコードの入力を求められたりして往生しました。
解決法の紹介も有料ソフトを買わせるためのだましかと疑い始めると何もかも疑心暗鬼になってしまいます。

私が色々調べて用意したソフトは、Windows Guard Solutions を停止させるRkillというソフトとHitomanProという除去ソフトです。Rkillは、いろんな名前のものがあるようで、Windows Guard Solutions にブロックされないように、名前を変更したものがたくさんアップされています。私はiExplore.exeを使いました。
またHitmanProは有料ですが、一定期間は試用期間がありますので、一回きりの除去には最適です。それと後々のためにMalwarebytes' Anti-Malware とTrojanKillerをUSBに用意しました。

2.次に、コンピュータをセーフモードで立ち上げ(立ち上げ時にF8を何度も押す)ます。それもインターネットが使えるようにSafe Mode with networkingで立ち上げます。

3.このマルウェアは感染するとインターネット接続に対して、勝手に特定のproxyに接続させるようにし、除去ソフトをダウンロードさせないようにするそうなので、インターネットソフトのオプションの項目から、LAN接続でproxyを使うように設定が変わっていればダイレクトに接続されるように設定を変更する必要があります。しかし、私の場合はどういうわけか、proxy接続に変えられていませんでした。

4.ここでUSBに用意したRkillソフトを立ち上げます。英語のサイトには、ここでWindows Guard Solutions にブロックされて警告が出たりうまくソフトが立ち上がらない場合もあることが書かれていますが、何度もトライするか、また名前の違うexeソフトを使うとうまくいくなどが書かれています。
私の場合は警告も出ずにソフトが起動し、少し時間がかかりますが辛抱強く待つようにというメッセージが出てうまくマルウェアソフトの停止できました。
5.ここでやっと除去ソフトがインストールできますので、用意したHitmanProをインストールし、Scanをすることにより除去も自動的に完了しました。ここで念のため無料のMalwarebytes' Anti-Malwareでもやって見ましたが、除去前は千近くも出ていたマルウェアの一覧が見事に一掃されていました。

5.ここでやっとリブートし、立ち上げ時にレジストリがきれいにされています。
6.最後に、Windows Guard Solutions はHOSTファイルのパーミッションを書き換えているおそれがあるということが英語のサイトに書かれていることがあります。これはアンチウィルスやセキュリーティーのサイトに接続しようとすると、勝手に別のサイトに飛ばしてしまうなどのためだそうですが、これにも対処する必要があります。
英語サイトではhostfix.batをダウンロードして立ち上げて、またマイクロソフトのソフトからHostファイルを初期設定にもどすというようなことが書かれています。わたしも一応そのソフトを用意しましたが、TrojanKillerの紹介サイトに「trojan Killerで無料で使えるツール」というものが紹介され、これを使えば大変楽かなと思いつき、このツールをインストールして使いました。(ただしこのTrojanKilleはマルウェアの検査はできますが、除去は無料ではできないようです。)

以上いろいろ苦労してやっともとの状態に復帰できました。このような経験でコンピュータのいろんな知識を得られますし英語の勉強にはなりますが、精神的にはちょっとストレスがたまり、解決できないと夜中の作業が長引き寝不足になってしまいます。

こういうマルウェアはうまく考えたもので、すっかりだまされてしまい、こんな商売もあるのかなと逆に感心してしまいます。しかし、これだけの技倆を人をだましたり気分を悪くさせるようなことに使わず、もっと良いことのため、世のため人のために活かせば、もとおみんなが幸せになり、本人ももっと気持ちよくなれるのにと残念に思ってしまいます。

関連記事

このページのトップに戻る

これからの役目

2012年03月19日

いつも愛読している「玄のリモ農園」に次のような文章がアップされていました。

これからの自分の役目は何で、どう果たせば良いかを考え続けてきて、結論がまとまったときにちょうど同じ考えに出会い、うれしくなりました。

ここのご紹介したいと思います。

以下「玄のリモ農園」より抜粋です

ウォールストリート金融界を中心に全米で話題になっていることのひとつに、3月14日のニューヨークタイムズに「私がゴールドマンサックスを辞める理由」という内部告発の寄稿記事があります。

これは世界最大の金融投資会社のひとつであるアメリカのゴールドマンサックスに12年間務めた役員が、金儲けのためには平気で顧客を騙す会社の体制を「これほど腐敗し破壊的な環境は見たことがない」と糾弾する会社への縁切り状をこの日の新聞に公開したのです。

この人の良心が目覚めたのですね。これも光が世界に増している一つの徴候でしょうか。

ハワイにいるスピリチュアルなリーダーの一人であるドリー・メイさんも、かつては不動産売買で成功した会社の社長でしたが、80年代の不況で一夜の内に2,500万ドルという負債を抱えて倒産し、一時は債権者が700人にも昇ったそうです。

でもそれがきっかけで内なる世界に目覚めたのです。

ドリーさんの書いた「ライトワーカーの仕事」をたまたま手にした雑誌にみつけ、とても心を動かされたので、ドリーさんの了承を得てここに転載させていただきます。

でもマシュー君の言う、私たちの細胞が”炭素基盤からクリスタル基盤に変化”していることが科学的に実証されているとドリーさんは書いていますが、私はまだ確認していません。

         ********************


ライトワーカーとは、自分が輝く愛の光の灯台であることを知っている人です。この光は癒したり、感じたり、ただそうあるために使われます。それは愛と歓びの波動です。それはやろうと思えばできますが、押し出したり、操作する必要はありません。ライトワーカーはなにもしていないように見えるかもしれません。でもそこに存在することが、何気なく微妙な素晴らしい方法で、ほかの人たちの気持を落ち着かせ、気づかせ、その存在を高めるのです。灯台は単に輝く光です。ほかの人たちがその光を受けて何をするかは、その人たちが選択し創造することです。

ライトワーカーの仕事は光になることです。そうすることで、このアセンションが進行している時代になにが起きているのか理解できず混乱している人たちの気持を落ち着かせます。それらはチャクラ(からだのエネルギーの中心)の覚醒、極度の不眠症、なかなか良くならない関節痛や筋肉痛、めまい、記憶喪失(認知症とは違います)、心悸亢進、頭痛、一過性の異常症状などです。このような症状を経験している人たちは病気ではありません。それは問題ではないのです。

さまざまな問題について人々が不安を訴えて来ます。関節痛、視力異常、頭痛、腹痛、食生活の変化、不眠症、めまいなどです。その人たちの心配と恐れは実は私たちが見ている新しい”映画”に興奮しているためなのです。私たちはスクリーンに釘付けになって、少々取り乱しているのです。べつにそうする必要はありません。だれかに相談して、答えてもらって恐れや不安を鎮めてもらうのもいいでしょう。でもそれよりは、自分自身の内に問いかけて、自己のハイアーセルフとつながって不安をなくす方がいいです。心配ありません。ほんとうに大丈夫なのです。

地球の第三次元の自己に転生する前にあなたがつくった本来の人生プラン/合意に、あなたは間違いなく沿って進んでいます。あなたはこの地球の変換時にここにいるように選んで来ているのです。あなたのからだは実際に炭素基盤からクリスタル基盤に変換しつつあります。科学がこれを証明しているのです。各細胞のDNAとその炭素基の原子量が変化するところを科学者たちが観察しています。

考えても見てください。私たちは肉体的、エネルギー的に変化して細胞がより多くの光に満たされるようになるのです。クリスタルの光の存在に一瞬でなるのではありません。それはからだとこころと精神に慣れるように徐々に起こります。あなたの魂はすでにそれがどこに向っているのか知っています。

あなたのエネルギー体には7つのチャクラが背骨に沿って走っていますが、それらがこの地球に入ってくる新しい高エネルギーの光の波動を受け取り、そのような変化の多くをコントロールしています。太陽光と月光は黄色みが減ってさらに明るく白くなります。これらの近い天体とほかの遠い天体からの光の波動エネルギーがこの変化を生みます。このような変化に反抗し、否定し、拒否する人たちには変化は起こりません。その人たちは、その考えにふさわしい場所を自分たちで見出すでしょう。恐れる必要はありません。すべてうまく行っています。変化のために私たちはここに来たのです。汽車がいま駅を離れようとしていますが、行きたくないと言う人たちがいます・・問題ありません。

では、光がいったい何だというのでしょう?科学はあらゆる存在するものが、X線、紫外線、レーザー光線、ダークホール、太陽光、ラジオ波などの巨大な光のスペクトラムのようなものだと理解し始めています。光によって物が起こります。それは波で伝わります。それがあらゆるものの波動を変換することで、現在この惑星とこの宇宙とそのあらゆる存在に変化を起こしています。あらゆるものにです。長い間科学の謎であった失われた環(ミッシングリンク)に私たちがなるのです。過去の最後の変化は動物から考える人間でした。今回の変化は人間から、統一、平和、愛、歓びの感覚をもつ宇宙人です。それは宇宙の高い意識の兄弟愛からの再結合の中で、双対性を超え、善悪を超えた分離の和解という私たちの真の人間性です。これがささいな変化ではないことは明白です。

惑星と宇宙とそしてあらゆる創造物と供に、一つの種として私たちはいま改良され、グレードアップされつつあります。私たちはこれが起こる助けをすることに合意したのです。このレベルアップは私たちの世界だけのことではありません。多次元レベルでのことです。大きな違いは、このようなことはこれまでに起きませんでした。変化の間、ほかのどのような存在たちも肉体を持ったまま留まったことはありません。ところが、いまここにはたくさんの人間ではない存在たちがいて、私たちが宇宙でも未曾有の出来事を経験できるように、愛情を持って支援し、見守り、導き、指揮してくれているのです。

ライトワーカーの仕事は闇に気づいていて、しかしそれに飲み込まれないでいることです。ライトワーカーは、全人口の1%の支配者たちの腐敗、欲、欺瞞、濫用などの重大な悪行為を知り、彼らがどのようにメディア、政治、金融、食料、宗教を通して私たちにそのような卑劣な行為を行っているか気づいているでしょう。その気づきは闇に光をもたらすためのものです。それによって隠されていたことが明らかにされるのです。気づきの光を輝かせることが、いまやパワーを失いつつある闇の人たちのいる陰の世界を明らかにするのです。それが彼らを弱くするだけでなく、光が来ない前には彼らの身の安全からできなかった立場を変えるチャンスにもなるのです。

私たちはこのすべてにどう関わっていくのか決めなければなりません。私たちは許しのこころをもつライトワーカーになれます。私たちは報復、罰則、投獄、公共での恥を要求する迫害者にもなれます。ライトワーカーは愛と思いやりと許しを選びます。私たちは完全ではありませんが、私たちがみなワンネスであること、そのような悪党たちはこの転生での目的があってその役割を演じる合意をしたことを思い出すことができます。すべては私たちのいまのこの気づきのために起きているのです。それらによって、私たちの心の中にある陰の深さを知ることができます。この人生ではそれほどひどいことはしていないかもしれませんが、私たちの数多くの転生や思考や怒りの中のどこかで、ほんのつかの間かもしれませんが、その陰が生きていたのです。

あらゆることが変化しています。いま母なる地球にこうしていることはワクワクする時です。私には平和と愛と歓びがすぐ近くに来ていることが感じられます。私たちが一緒にこれを実現させ、この地球をより高い波動の、癒された、全体の、愛に満ちた、飢餓のない、豊穣と光に満ちた星にしましょう。

もしあなたがこれを読んでいるのなら、あなたもライトワーカーです。

お帰りなさい。
関連記事

このページのトップに戻る

素晴らしい映画に出会いました。Thrive

2012年02月11日

前々から見てみたいと思っていたThriveという映画をやっと見ることができました。といっても日本では上映されていませんし、dvdも購入出来ないのでアメリカのサイトでのストリーミング映像です.(3日間で5ドルですから安いですね。)

映像も本当にきれいな夢のある映像で、内容も本当に見てよかったといいますか、これまで私が色んな本を読んできてわかってきたものを、本当にわかりやすく集大成してもらったようなありがたいものですが、ここまで8年間をかけてまとめられたということで必見の出来映えと思いました。

これをまとめた方はアメリカの大企業であり、日本でもおなじみのプロクターアンドギャンブル社の御曹司です。

P&Gといえば、影の世界政府の中枢でしょうが、その御曹司ならば将来の経済的な安定や世界的地位は約束された桁外れのエリートですね。

そういった立場の方が、世界の在り方に疑問をもち、なぜ戦争や貧困がなくならないのか,その原因はどこにあるのかを追求し、やっと知り得た事実を、ご自分の富や欲望をかなぐり捨てて、夫婦でこういった形でまとめられた勇気は敬服に値します.

これを見て私はお釈迦さまが王子という裕福な身分をすべて捨て去り,人間の死や貧さに心を痛め出家して宗教者となったこととよく似ていることに感動を覚えました。

要するにこの映画は、この世の中から
戦争や貧困がなくならないのは、むしろそれらを必要とする権力者がいるからであり、それらの人々の支配構造があまりにも巧みにできあがっており、大衆がそういうことに気づくことのないようにコントロールしてきたことにあるということを気づかせてくれるものなんですね。

これまでは、このような支配者にとって都合の悪い映画はいつも弾圧されてきたという歴史がありますが、このように公開されるようになったということは本当にありがたいことです。

この世の中がどういう社会構造になっているかを明らかにし、何が問題であるかをわかりやすく説得力のある形で表現されているのは素晴らしいことで、これらのことはジャーナリストの方々が書物にまとめて発表されたものもたくさんあります。しかしそれ以上にこの映画の素晴らしいところは、それらをふまえた新しい運動やネットワークとしての展望がかなり具体性を帯びており、それらを引っ張って行こうという方がたの、熱意と情熱が感じられ、こんなことを既にやっている人がいるのだというような希望を与えてくれるところにあります。この映画に紹介されてる方々の輝きのオーラを見て、見るものまで熱い思いにさせてくれます。

この映画を見ると、どんなに小さい火であっても、何とかそれを灯して行こうというワクワクとした力強さ、一人ではなくみんなで力をあわせればきっと変えて行くことが可能であると思わせてくれます。

映画をみた方々が、このままではいけないとみんなが気付いてくれること、一人一人の意識の変革が起これば本当に素晴らしい世界になること間違いないと思います.

もし今の世界はこういう世界であるのだということを知らない方々には、この映画を見てそういう事実を知って欲しいですし、うすうすと感じ始めている方々にも、こういった間違った世界のあり方に対して、善と悪の二元対立で考えるのではなくそれを包み込んだ形で、新しい社会への働きかけをやって行って欲しいと思います.


日本にもギャンブルさん夫妻のような賢いリーダーが出現するこを切に願わずにはいられませんね。

もしご覧になりたい方は このサイトに詳しい見方が載っていますのでぜひ参考になさってください。
関連記事

このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ

プロフィール

吉川良行(ふうらい坊、カノープス)

Author:吉川良行(ふうらい坊、カノープス)
私のブログへようこそ!
多くのブログの中から、私どものサイトにご訪問いただき、心から感謝いたします。


このサイトは順次 http://icebluestraw.me/wp/
のワードプレスサイトに全面移行いたします。

長い間ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

ヒューレン博士

フリーエリア



finetune
私の好きななつかしのポップスをfinetune
ストリーミング放送しています。

(上の緑ボタンをクリックしてください)

Yahoo!ブックマークに登録

楽天ウェブサービスセンター
powered by WebApi2

最近の記事

最近のコメント

リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード

twiiter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。