topentry tag must closetopentry tag must close アセンションへの道・人生を楽しく生きるために!!

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  面白い話題  >  フリエモンさんって?

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

フリエモンさんって?

2006年02月01日

最近のニュースは面白いことが目白押しです。

ライブドア事件の成り行きは広域○○○や政治家がからんできて、ますますワクワクする目の離せない展開になってきていますし、牛肉輸入問題、一級建築士の偽装事件も政官界をゆるがす大事件に発展しそうな気配です。またまた今度は防衛施設庁に端を発した談合問題と、建設業界にいる私としては全く他人事とはいえないのですが、よくまあこんなに色々な大事件が続々と起こるものだと感心します。

のんびりした日常の中、感覚だけをとぎすませて・・・という時間も好きですが、こういった大事件が起こると血が騒ぐような気がするのはもともと好奇心旺盛で変わったことが好きな「大火」という星、また喧嘩っ早く一目散に突き進む「天狼」という星がむくむくと首をもたげてくるからなのかなと自分で自分の感情の動きを結構楽しんでいます。

ホリエモンも大変な状況で、自白をしないのは、もし自白をすれば殺されかねないと恐れているからでは?ということも言われていますが、ライブドア問題だけではなく、ヒューザー事件も絡んだ、相当に奥の深い事件であることを考えれば、それが本音なのかもしれないと思います。野口さんが沖縄で死んだ(殺された?)ことを聞いて次は自分じゃないかと、びくびくして周りを見回したとか言いますから・・・

これらの事件に関してブログのあちこちにいろんな新事実がアップされていて興味は尽きないのですが、たまたまいろんなブログを見ていますと、「ホリエモン」ならぬ「フリエモン」という人種がいることを知りました。

フリエモンとはどこの会社でもいるようですが、本当は能力があって結構仕事ができるキレ者にもかかわらず、日ごろはじっと仕事ができず、風貌もさえず、ドジばっかりやって人の笑いものになっている偽ダメ男君を演じ、結構したたかに生きている人のことだそうです。

こう人は東大卒などのエリートに多い(ブログではそう書かれています?)そうなのですが、人間関係で一番怖いのが競争相手の嫉妬であることを知っていて、わざとぼさぼさの頭をして、仕事能力がなく、女にももてないさえない男ぶりを演じ、競争相手を安心させるのだそうです。

ダメなやつと思われることで余計な仕事や難しい仕事を押し付けられることもないし、またダメそうだからと何かとまわりが世話を焼いてくれ、結構上司などからも安心で扱いやすくかわいがられる存在になるそうです。

たしかに出来る人間というものはなまじ仕事をクリアーしてしまうと、誰も手をつけたがらない難しい仕事を押し付けられるし、またそれをこなせば、会社の誰もがやったことのないような仕事ややっかいな仕事を期待させられてしまうはめになりますね。また本人はそれが自分の腕のみせどころで、どんなもんだというようにやってしまうんですね。生来まじめな性格の日本人はそういう人が多いですし、小さいときから競争社会にならさてしまった団塊の世代にはたいへん多いパターンです。

これを読んで「ピーターの法則」というものを思い出しました。会社に入ったりしますと、初めは簡単な仕事を与えられて組織に溶け込んで行きますが、そのうち仕事の処理が迅速で、結構高度な仕事もこなせるのではないかということがわかってくると、責任のある仕事も任され地位も上がってきます。そこで有能そうであるとの気配を感じた人々は未経験な仕事や、誰もが手を焼くような仕事は、その人に押し付けようとします。その人もまわりから期待されていると思うと一生懸命仕事をやりとげようとしますし、またこれをやり遂げればまた地位も上がって給料もアップ・・・などと考えます。けっこうそれもこなしますと今度はまたそれ以上にレベルの高い仕事が待っていて・・・・この繰り返しがずっと続くのですが人間のキャパシティーヤ能力にも限りがありますし、結局最後は仕事をやりこなせず、あの人はダメだったということになってしまう・・・・
これがピーターの法則ですね。

昔この法則を聞いて「なるほどな?」と感心し、そういうことってあるだろうな?と妙に納得しました。

そういう意味ではこの「フリエモン」さんはしたたかで、最も生きやすい、もっといえば本当の人間の幸せというものを知っている人かなと思ったりします。

フリエモンさんはもともと有能な人なのですから、仕事はできないとレッテルを貼られることはあっても、本人が決定的な大ミスをすることはないので、まずリストラにあうことはありません。競争相手から足をひっぱられて嵌められることもないでしょう。
ただ名誉心や給料が多少低くなるなどのハンディは耐えなければなりませんね。

ちなみにブログで紹介されていたあるフリエモンサンは
「・・でも私は、フリエモンの正体を知っている。先日、かなり大事なプレゼンがあったのだが、朝イチでしかも直前に会場が変わっていたのに、彼はしっかり上司より先に来て準備をしていたもんね。土曜出勤の日、たまたま会社近くで見かけたら、おしゃれなシャツでキメていたよ。案外、男の人ってフリエモンを見抜けないみたい。・・・」
だそうです。

フリエモンさんがなんだか好きになりました。。
関連記事

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

吉川良行(ふうらい坊、カノープス)

Author:吉川良行(ふうらい坊、カノープス)
私のブログへようこそ!
多くのブログの中から、私どものサイトにご訪問いただき、心から感謝いたします。


このサイトは順次 http://icebluestraw.me/wp/
のワードプレスサイトに全面移行いたします。

長い間ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

ヒューレン博士

フリーエリア



finetune
私の好きななつかしのポップスをfinetune
ストリーミング放送しています。

(上の緑ボタンをクリックしてください)

Yahoo!ブックマークに登録

楽天ウェブサービスセンター
powered by WebApi2

最近の記事

最近のコメント

リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード

twiiter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。